Copyright (C) 2014 Ukami Ayano All Rights Reserved.

June 27, 2014

奈良は晴天続きでした。

東京では雹も降ったとかで、その模様は関西のニュースでも流れており、心配していたところ、東京のご近所さんは、雹で家の網戸が壊れてしまったとのこと。

遅ればせながらお見舞いです。

 

今夜は、女性ふたりのお客さん。

半分仕事の話なのですが、ひとりがデパ地下でどっさり食べ物を買ってきてくれるというので、私はビールと焼酎と日本酒をたんまり用意。

冷蔵庫いっぱいのお酒にときめいてくれる人たちです。

一応、アールグレイの紅茶も用意しているのですけど、たぶんチェイサーにもならなさそう。

 

 

June 25, 2014

「自分が結婚しろ」「お前は産めないのか」という言葉も下品だけど、「結婚できない産めない女性を傷つける発言」という断罪理由も、猛烈に気持ち悪い。

 

人を本当に傷つける言葉を吐く人間よりも、こんな下劣な言葉で他人を傷つけられると思い込んでいる、あるいは表面的な理由として吐いて、辻褄を合わせようしている人間って、どういう意味があってこの世に産み落とされたのか。

死ぬまでにできれば受け入れてみたいもの。

 

差別用語じゃないんです。人間の品性としての問題。

発した側の脳内に、どんな快楽があったかなんて、言われた側は本能でわかる。

議員は選んでもらった人...

June 24, 2014

今夜TBS11:50からの『林先生の痛快! 生きざま大辞典』に出演します。
『北斗の拳』で知られる漫画原作者の武論尊さんがテーマ。

でも私はいま関西にいるので、リアルタイムで観られません。
東京にいると首都圏の情報で動きがちだけど、違う地方に行くと、東京も日本の地方のひとつに過ぎないと実感します。

また、『指づかい』(幻冬舎アウトロー)の二度目の重版が決まりました。
スポニチで連載していた作品を文庫化したデビュー作です。

こちらは朝の皆さんの景気づけのために書いた作品なので、夜にひとりで読むような、女のエゴイズムと残酷を恐れな...

June 20, 2014

昨日、今日は『ドミソラ』の書店廻りでした。

 

いっぱい歩いたー。

嬉しい写真もいっぱい撮ったー。

 

この写真は文教堂浜松町店。

このコーナー含めて、文芸書、女性作家コーナー三か所に置いてくださっていました。

女性の担当さんは、もう2回も『ドミソラ』を読んでくださったそうで、お話ししながら私も熱くなりました。

私、撮影が下手なのですけど、三段目にも『ドミソラ』がデンとあるんですよ。

中には四か所も置いてくださっているところもあって。

 

いろんな方とお会いして、現場の空気を感じられるから、書店廻りって楽しい。

本にどっさりサインもしてきました。

以下のお店...

June 19, 2014

いまは『ドミソラ』の担当さんと書店廻り中。

幻冬舎の皆さんが熱く動いてくださっているおかげもあって、書店の方も読んでくださっている人が多く、「読みだすと止まらない、おもしろい」というお声をいただいて、心からありがたいです。

 

書店廻りって珍道中。

ほとんどが初めての方とばかりお会いするのですもの。いろんな方とお話しできて楽しい。

中には土地勘のない場所をうろうろ歩きつつ、辿り着いたお店では『ドミソラ』をおっきく目立つ場所に置いていただいていて嬉しかったり。

思いがけず雰囲気のいいお休み処に出会えたり。

40代の作家と担当さん同士、歩いてばかりで...

June 18, 2014

関西から帰ってきて、しばらくまた東京で仕事です。

 

東京から東は雨が多いですが、関西はそうでもないみたい。

特に奈良は、雨が降っても夜中であることが続いて、実家の植木の水遣りを、寝ている間に小人さんがしてくれている感じです。

 

いままでと違う気配の天気が続くと、異常気象だとか温暖化だとか、人間の環境汚染がどうのこうのと言う向きもありますが、これって地球にとっては余計なお世話だと思います。

なにせ氷河期から熱帯期まである星なので、いまはたまたま暖かくなったり、雨とか雪を降らしたい時期なんですよ。

科学者の意見より、環境問題で儲けている人たちの声...

June 13, 2014

13、14日の朝日新聞朝刊に、『ドミソラ』の紹介記事が載っています。

(地域によって掲載日が違います)

 

あらかじめ幻冬舎からデータを見せていただいていたけど、実際に見るとでかーい、迫力ー。

紹介文を読むだけで、なんて激しくおもしろそうな小説なんでしょう・・・

 

ありがたいです(拳)

 

最近は、知り合いからもらった青豆油が食卓のお供。

蓋を開けると、豆の香りがふんわりと優しく漂うのです。

お豆腐にかけたり、ナムルを和えたり。納豆に加えても美味しいです。

 

豆って絞りにくいから、油を採るのは大変な作業なんだそうです。

また油を摂取すると、脳内にβエンド...

June 12, 2014

今日発売の「週刊文春」にインタビュー記事が載っています。

 

取材中は、ライターさんの新入社員研修トンデモ体験をお聴きしたり、とっても楽しかったです。

私がいままで聴いた中で、いちばん過酷でおもしろエ○い社員研修。

文春の記者さんって、ハードな局面を乗り越えていらっしゃるんだ・・・

 

見開き2ページ。良かったら読んでくださいませ。

 

 

 

 

 

June 11, 2014

今日、新刊『ドミソラ』(幻冬舎)の発売です。

 

いまの時点で読んでくださっている出版関係の方々からは、読んでいるうちに電車を二回も乗り過ごしたとか、これは絶対凄いとか、熱くなるお言葉をいただいています。

私も本になってから、冷静に読み返して、おもしろいやん、これ・・・と拳を握ったりして、ひとりでも誰かに読んでもらいたいなと思います。

良かったらお手に取ってください。

 

今日は茶碗蒸しをつくりました。

洋服は部屋干しなのでまだ乾かず。

親切な酒屋のおっちゃんが、ビールの配達ついでに郵送荷物を持っていってくれたりして。

雨の日、ありがとうです。

 

 

 

...

June 11, 2014

画像がボケているのは、ちょっとまだ発売前だから。

ごめんなさいね。

 

昨日、AV監督のヘンリー塚本監督と対談してきました。

人間臭さ、昭和を彷彿させる情念、男と女の醸し出す醜さも含めての土着的な性を描く塚本監督。

お話をくださった特選小説の編集長さんが「絶対うかみさん好きですよ」とおっしゃったとおり、送られたご作品を拝見して圧倒され、実際にお会いして、呑み込まれた、というか、呑み込まれたいと思いました。

 

どこまでも穏やかで落ち着いた監督。

仕事をはじめたきっかけが肉親の死であることなど、通じることもあり、そんな深イイ話をしているさなかに、「う...

Please reload

過去の記事

June 27, 2014

June 25, 2014

June 20, 2014

Please reload

月別表示
Please reload

blog内タグ検索
Please reload